薄毛防止!簡単にできる日々のケア!

薄毛は特別なことではない!

例えば髪型を変えることで全体の印象を大きくアップすることなどができますが、薄毛になってしまうと逆に他人に寂しい印象を与えたりもします。ただし薄毛は特別なことではなく誰にでも起こりうる現象で、薄毛を防ぐケアをしていくことが大切なのです。では具体的にはどうしたら良いのでしょうか? 薄毛ケアをする前には、原因について知っておかなくてはいけません。薄毛には「遺伝的要素」「生活習慣の乱れ」「ストレス」の3つが大きく関係していますが、この3つはきっちりと分かれているわけではなく互いに重なり合って髪の毛に悪影響を及ぼしているといっても良いでしょう。「遺伝だから仕方がない」と諦めてしまう人もいますが、その前に薄毛対策にはできることが色々とあるのです。普段の何気ない生活習慣や食生活を改めて見直してみたり、ストレスに関してごまかさずにため込まないための工夫をしたりといった自分なりのケアが効果をあげます。

キューティクルのケアに大切なことは?

薄毛というより髪の毛のケアに関して、日常生活を送る上でのちょっとした習慣をつけることが意外に重要であることは知られていません。
例えば紫外線が肌に良くないことは広く認知されていますが、実は紫外線は肌ばかりではなく髪の毛のキューティクルにも良くありません。長時間日の光を頭に浴び続けるとキューティクルは結構なダメージを受けて、髪の毛の痛む大きな原因となるのです。日の光に当たるような外での仕事をしている人は、直射日光を浴びないように帽子をかぶる習慣を身に付けましょう。その他にも身体は睡眠をとることで免疫細胞やホルモンを分泌して起きている時間に身体の細胞が受けたダメージを修復していくので、睡眠不足は皆さんが想像しているよりもずっと多大な悪影響を髪の毛に与えます。つまり、睡眠不足は髪の毛の成長を阻害してしまうといっても過言ではありません。薄毛の特別なケアをする前に、生活を見直していきましょう。